新富裕層 vs 国家

twitter
 以前、NHKで『新富裕層vs.国家~富をめぐる攻防』という番組が放映されていました。富裕層が納税を免れるために海外へ逃げ出し、日本の税収が減っている問題です。今、日本の新富裕層が向かうのは、税負担が日本の半分以下であるシンガポールなのだそうです。何台もの赤いフェラーリがつるんで走っている映像や、オーシャンビューでプール付きの豪邸が、新富裕層と呼ばれる人たちの富を象徴していました。『働かず怠けて暮らしている人々のために、高額な税金を払うことに我慢できない』といったコメントも印象的でした。世の中に何の付加価値も生まないマネーゲームも『働かず怠けて暮らしている人々』と同類です。金融活動は、世の中の更なる発展や成長にお金を回すことに意義があります。本来営利を目的としてはいけません。

 誠実に働き実体経済の成長に貢献する労働者よりも、投機的に資本を右から左に動かす投資家が富む時代です。まさに現代の歪んだ資本主義経済の問題と言えるでしょう。このまま進んでも人々の幸せにつながらないのは明らかです。富を再分配し、社会の公平性を守る国家とはどうあるべきなのか、今世界的に問われています。

 税金を取られるより、使ってしまった方がいいと気前のいい社長さんがいますよね。そういった税制が理想的です。また、消費や所得に課税するより、お金の循環が活性化するよう、過剰な貯蓄や内部留保に課税する仕組みが強く望まれます。法人利益も、お金に困らない資本家に回すより、そこで働く従業員に還元した方が、お金の循環がより大きく広がるでしょう。

 お金の循環を血液に例えるなら、全身に血液を送り出すのは心臓機能の役割です。政府は、過剰な富の蓄積に制限を設ける責任を、一刻も早く引き受けることに期待します。

TPPは本末転倒。個性と魅力のある地方・地域社会へ

twitter
 地方にビジネスや観光で、そして故郷に帰って思うことがあります。

■なんとなく街に活気が無い。
■街独自の個性が失われ、全国どこにでもあるお店が軒を並べる。
■シャッターで閉ざされてしまった商店が目につく。


 まさに『地域格差』の問題です。大きな資本力のある強者にマーケットを奪われ、資金繰りにゆとりのない弱者は経営難に陥り、衰退してしまった結果と言えるでしょう。これが『資本主義経済』の現実です。
 TPP参加により、グローバル的に競争力を働かせ生産性を上げる。その結末は、世界をまたにかける大資本が益々強くなり、弱い地域社会は益々衰退していくことになります。地方・地域社会の活性化とは逆行し、本末転倒になるのが明らかです。それぞれの地域に、多種多様な個性あるサービスが営まれ、多くの人が豊かに暮らし、魅力ある日本にしていくことが大切です。

 旅先で実感します。世界や地域には、それぞれに色々な価値観があっていいし、だからこそ異文化に触れられて楽しいのです。そこに暮らす人々の生活には、決してお金に変えられない大切な文化や価値観があります。生産性や効率化ばかりを重視し、無闇に競争原理を働かせても、経済戦争によって人々が苦しみ、社会から笑顔の数が減るだけです。地方が元気を取り戻し、街の雰囲気が活気づく政策を推進しましょう。




労働者の所得水準が上がる、庶民のための政策を

twitter
 日銀政策の効果で、円安が進み、日経平均がどんどん上がり、やがてデフレが克服され日本経済は元気を取り戻していくかのように見えます。
 でも、ただお金をの量を増やす金融政策や、昔ながらの公共事業だけでは、古い社会構造の上流にいる既得権益者や、巨大な資金力を持つ者に流れるお金の量が増えるだけに終わってしまいます。 庶民の所得水準が、相対的に物価水準より上がらなければ、 実質的な生活はもっと苦しくなり、貧富の格差も益々広がるでしょう。

庶民のための新しい政策の実行に期待したいですね。



oh-osusume.com
人が幸せになるお金の仕組みに変える
  • ライブドアブログ