国の借金は国に戻る仕組みづくりを

twitter
 日本やアメリカだけでなく、中央銀行(金貸し)がお金をコントロールする国々では、莫大な財政赤字を抱えています。 恐ろしいのは、そういった国の殆どの人々が、国家の放漫財政が赤字の原因であるかのように、洗脳されてしまっていることです。

 国がお金を使うのは国民のため。確かに不適切な予算消化もあるでしょう。でも国がお金を使うからこそ、日本経済が成り立っています。使ったお金が世の中に循環せず、一部権力にのみ富が集中し吸い取られることが問題の本質です。一部の富裕層と大企業が貯め込んでいるお金が1000兆円もあり、これが国の借金そのものです。今の税制のままでは、決して豊かとは言えない一般庶民の暮らしを犠牲にしながら、益々富裕層にお金が流れ込んでいくことになってしまいます。日本国内でお金が回るうちは、まだ国の政策で救いようもあるのでしょうが、貿易赤字の拡大と共に、海外投資家に流れていくお金は毎年7兆円にも及ぶのだそうです。 消費税を1%上げてもせいぜい2兆円です。現在の社会状況を鑑みず、間接税は水平的に公平な税であるとし、消費税増税を推進する政治家や評論家は、いくら社会的に地位があっても、人道的に全く信頼することができません。更に『秘密保護法案』で、国の財政にかかわる情報隠ぺいが絶対に許されてはなりません。


 今の日本の政治は、いったい誰のためにあるのか、本質的な存在意義が大きく疑われます。国民の知らないところで、日本は闇の権力に支配される奴隷国家になっているようにさえ見えます。 国民全体の幸福度を最大限上げる方向性に舵を取ることが、国政に求められる全てです。日本は、世界に誇れる平和で豊かで人が暮らしやすい国であることを望みます。でも、それを願い実現することができるのは日本人だけです。日本に救世主の出現が求められます。今を生きる人々の力で変えましょう。

日本はいったい誰に借金しているのか?

藤原紀香さんも懸念する『特定秘密保護法案』

twitter
 多くの国民による反対の声を無視し、法案が衆議院で可決されてしまいました。日本という国の真実は、本当に闇の中にあります。日本の民主主義とは、全て『お金』の力で操作されているのだという"事実認識"、"問題の本質"、"諸悪の根源"を、できるだけ多くの日本人が知ることがとても大切です。法案によって、権力を持つ者に都合の悪い情報の隠ぺいや操作を、決して許してはなりません。


 できるだけ早く、日本に本当の民主主義が実現することを強く願います。これからの未来を日本に生きる人々のために。


『脱・資本主義』の先進国に続け

twitter
 南アメリカと言えば、キューバやブラジルなど、どちらかと言うと新興国的な印象を抱く方が多いかもしれません。しかし、それは完全なる誤解です。実際には、弱者から詐取を続ける歪んだ資本主義経済から脱するために、あらゆる努力をし続ける、人道的観点で日本より数段上をいく先進国なのです。そして日本人には、そういった事実をほとんど知らされることがありません。何故なら日本人は、敗戦後教育や操作されたマスコミ報道などによって、新自由主義的な価値観を知らず知らずのうちに植え付けられ、洗脳されているからに他なりません。歴史上、全世界で戦争が引き起こされてきた教科書に無い本当の理由や、資本主義経済に関する本当の真実を知ると、既に日本国民は、 国際金融資本(金貸し)の『お金』という権力によって、グローバル経済(大企業)と官僚政治の癒着を介し、実効支配されていることに気付くでしょう。


 南アメリカは、利益を追求するのではなく、社会的連帯を基盤とする経済活動を重んじています。非営利団体、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動など、様々な『連帯経済』が進んでいます。社会的企業、倫理的消費、市民参加型の自治体予算など 脱・資本主義への取り組みに価値観がおかれているのです。そういった貢献活動には、人として何かの役に立ちたいという本能や意欲も、より高まることでしょう。本来あるべき理想的な社会の姿ではないでしょうか。

 日本も、強欲で歪んだ資本主義を崇拝する経済大国になるのではなく、 世界に誇る人道的に高貴な精神国であることを強く願います。これからの未来を日本に生きる人々のために。

oh-osusume.com
人が幸せになるお金の仕組みに変える
  • ライブドアブログ